ゴルフをしたら左手の親指が痛くなり、今も変な動かし方をした時に痛みが走る時があるのですが?

この症状を簡単に言うと「つき指」です。どうして起こったのか?と言いますと、スイングのインパクト時に右手で左手親指の第二関節を叩いている形になってしまっていて、知らずに継続的な打撲を受け続けている形となって、その結果「つき指状態」になってしまったのです。

これは、ダウンで意識的に上から叩きつけようとかすると怒ります。また、グリップの仕方そのものが間違えていたり、体幹部が左サイドより、右サイドが高い場合にも起こりやすいので、症状が出ている方は見直す必要があります。

更に同様な事象で、手首、肘、膝、肩、首などの痛みが出た場合もスイングバランスの崩れによって起こっていますので、アドレス時の各関節角度の見直しをして下さい。正しい関節角度では、痛みは起こりません。